事業活動方針

令和4年度 事業活動基本方針

自  令和4年4月  1日
至  令和5年3月31日

芹田商工振興会 会長 中條真一

芹田商工振興会 会長 中條真一

初めてコロナウイルスの感染者が発表されてから3年目となります。 この間、日常生活でも自粛ムードが浸透し、消費行動は制限され、
特に我々、中小零細企業にとっては厳しい状況が続きました。
未だに相次ぐ変異株への置き換わりにより経済活動が左右されて
いる事に変わりありません。
しかし乍ら、今年は御開帳・御柱祭等が各地で開催されています。
今後どの様に共存していくべきか、方向性が明確になる事を期待し
会員皆様と一致団結し、この難局を乗り切って行きたいと思います。
どうぞご理解、ご協力をお願い致します。

事業としましては、設立以来行われている恒例のボウリング大会•
芹田門前寄席の開催を継続事業として考えております。

また「長野市緑と花いっぱいの会」との連携による活動を行って参ります。更に、芹田地区住民自治協議会•長野駅東ロ周辺地区街づくりプロジェクトとの連携を密にして、長野駅東口から芹田地区に掛けての地域活動に積極的に取り組み「住んで良かった、住みたい街芹田」の実現に努めたいと考えています。その為に次の事業に取り組みます。

  1. 芹田地域発展充実のため近隣の各団体との連携協力を推進
  2. 組織活動充実と活性化のために会員増強活動の積極的推進
  3. 芹田地区住民自治協議会への参画と連携・協力
  4. 企画委員会で新たな活動を探り若い会員相互の交流充実
  5. 長野飛行場の歴史を他の団体と協調協力して保存
  6. 長野市緑と花いっぱいの会との連携による活動の推進
  7. 犀川河川敷への「せせらぎ公園」整備事業の推進・協力
  8. 事業資金獲得の為の各種収益事業の推進
  9. 会員相互の親睦を図る為の各種事業の推進
  10. デジタル社会進展に対応のSNS、DX活用の推進
  11. その他

コメントは受け付けていません。